空詩堂の評判・口コミ・特徴

更新日時:2018年06月12日 空詩堂の評判・口コミ・特徴

空詩堂は海外医薬品の通販としては珍しい特徴を持っています。その理由は日本製の処方薬をメインに扱っていることです。病院で見たことのある薬を逆輸入という形で購入出来るのでしょう。日本から逆輸入しているのだと思います。ただし保険適用されませんので、商品価格は高額の物が多いようです。

国内製の処方薬だけではなくもちろん海外医薬品も取り扱われており購入することが出来ます。ただしあくまでも空詩堂はメインを国内製の処方薬にしているため海外医薬品の品揃えはあまりよろしくありません。価格もちょっと高めかな?と私は思います。

薬の逆輸入は大丈夫なのか?

ちなみに薬の逆輸入に関しては法に触れることはないようです。輸出はそのままの形態で行う場合、許可を取得しなくてもよいとあります。つまり空詩堂で国内製の処方薬を購入しても問題は無いということです。以下のサイトに詳しく記載されているので参考にしてください。

サービスに満足できる通販サイトト

空詩堂はポイント還元が少ない、郵便局留めが出来ないなど、細かいところが不便です。こういうところでストレスが溜まってしまいますよね?ならばサービスが充実している通販サイトを使ってみましょう。そんな私のおすすめサイトを紹介してみます。

そのサイトはお薬なび。当サイトでも詳しいページを設けていますが、空詩堂では不満のあった商品価格の安さ、ポイント還元が良い、郵便局留めが出来るといった点が優れているためです。それに加えユーザーサポートも満足出来ます。

さらに海外医薬品の通販では少ない「日本の法律を遵守している」サイトなのでとても安心。まずはお薬なびを覗いてみて、気に入ればそこから購入してみてください。

空詩堂の特徴

空詩堂はシンガポールに本社を置く海外企業です。海外医薬品の通販サイトの多くは海外企業により運営されています。日本国内で営業を行うとなると、規制が色々厳しいため海外で営業を行っているのです。それにより個人輸入代行業という形で利益を得ています。

他サイトと違う点として日本製の処方薬を購入出来ることです。レアケースではありますが保険証を使えない方、あるいは病院でもらいづらい薬が欲しい場合には重宝するサイトといえるでしょう。しかし保険が使えない以上、かなりの代金が必要なことも知っておいてください。

運営者情報・姉妹サイト

空詩堂の運営者情報です。前述しているように、シンガポールに本拠を置く企業です。海外医薬品の通販サイトの多くは海外拠点なので、特に心配は必要ありません。サポート対応も現地在住の日本人が担当しているとのことです。

サイト名 空詩堂
運営会社名 Triple Farm Singapore Pte. Ltd.
運営統括責任者 Koji Miura
所在地 6 Raffles Quay, #15-00 Singapore 048580
メールアドレス support_sd@sorashido.com
サイトURL hhttp://www.sorashido.com/

空詩堂 HP

運営者情報の詳細はサイト内にある「特定商取引法について」に記載されています。海外医薬品だけではなく、全ての通販サイトは特商法により運営者情報を記載しなければならないので、こちらは問題無くクリアしています。

空詩堂には姉妹サイトがあります(ファミリーファーマシーグローバル)。こちらも日本製の処方薬を販売しており、商品の値段やサービス内容もほとんど一緒ですが、空詩堂の方が商品数は多いようです。

サイトの作り・使いやすさ

サイトの構成はPCであれば見やすいです。ただ、スマートフォンでみた場合は見にくさを感じました。はっきり言ってしまうとバナーが邪魔です。欲しい薬が決まっているのであれば検索窓から検索をしてしまえばいいのですが。でもバナーがベタベタ貼ってあると買う気も失せてしまいますね。。

ただ商品の表示に関してはPC、スマートフォンどちらも大きめのアイコンなのでこれに関しては見やすいと思います。サイト内の色合いも白、青、水色と見やすい色です。一方のバランスは良いけど一方は悪い、なんだか少し惜しい見た目だなと思います。

販売している商品・商品数

空詩堂で購入出来る商品はED・早漏・薄毛など男性のコンプレックスを改善する薬や、その他にも避妊薬、性病治療薬(抗菌薬)など、多くの海外医薬品通販サイトで扱われているジャンルが揃っていますね。ペット用の薬もラインナップにあり、ペットを飼われている方は同時に購入することも可能です。

ただ、空詩堂と言ったら何と言っても日本製の処方薬です。こちらをメインに利用されている方が多いと思います。上記に挙げたEDなどのジャンル以外にも、風邪薬・鎮痛剤・抗ヒスタミン薬・気管支など様々なものが確認出来ました。日本製の処方薬の方が海外医薬品よりも商品数がはるかに多いです。

お薬なび [PR]お薬なび