海外医薬品の通販でゆとりのある生活を

定着しつつある海外医薬品の通販

病気になってしまったら、病院に行き薬をもらうのが普通ですよね?しかし煩わしさを感じたことはありませんか?例えば「行くまでがしんどい」、「待ち時間が長い」、「持病の治療で費用面にいつも悩んでいる」、などいくつか面倒なことが思いついてしまうはず。

そこで私は海外医薬品の通販をおすすめ致します。現在当たり前となったネット通販は薬を購入することも可能なのです。個人輸入という形でそれを実現します。購入にあたっては処方せんが不要なので、病院への行き来も無くなり自分の時間を一層大切に出来ることでしょう。

通販サイトを比較してメリットを見つける

また、海外医薬品は日本では取り扱われていない格安のジェネリックも豊富です。つまりコストの削減も出来るので、時間と費用の負担を減らす大きなメリットが得られます。

しかし利用するにあたりどの通販サイトを使えば良いのか?悩むことがあるかもしれません。なぜなら海外医薬品の通販は年々増えているためです。しかも中には悪質なサイトが営業を続けています。

間違ったサイト選びをしてしまうとお金もそうですが、健康を損ねる可能性もありますから慎重に選ばなければなりません。

そこで海外医薬品を長年利用している私が、いくつかのサイトを比較しておすすめ出来ることや、反対におすすめ出来ないポイントをご紹介していきます。この比較を参考にすれば、きっと皆さんもお得で安全なお買い物が出来ると思いますよ!

当サイトのコンセプト

当サイトは海外医薬品のメリットとデメリット、そしてとても多くなった通販の比較をしています。どのサイトが安全で使い勝手が良いのか?私の個人的見解ですが検証も行っているので、これから海外医薬品を使う際のサイト選びにも役に立つはずです。

海外医薬品とは?

まずは改めて海外医薬品とはなんなのかを簡単に説明していきましょう。読んで字の如くですが、海外で販売されている薬をこう呼んでいます。通販で購入出来る海外医薬品は、この現地で販売されているバージョンです。もちろん日本に進出しているメーカーであれば同じ薬を手に入れることが出来ます。

しかし日本版と海外版では成分量が違うことも多く、効き目にも差があります。価格面も海外版の方が安く購入でき、特に保険適用外の薬であれば通販で購入した方がコストを抑えることも可能です。

海外医薬品は未承認薬です

当サイトでこれから何度も目にするであろう「未承認薬」については皆さんも知っておくべきことだと思うので説明致します。海外医薬品も言うなれば未承認薬です。ただ、それを購入して使用することは何ら違法ではありません(後ほど説明致します)。

そしてユーザーだけではなく通販サイト側にも守るべき法律があり、それが「薬機法」です。内容としては医薬品や医療機器などの有効性・安全性確保が重点的といえるでしょう。以前の名称である薬事法の方が聞き馴染みがあるかもしれません。

その中には「未承認薬の広告規制」も含まれております。簡単に言えば先発薬でもジェネリックでも、通販サイト内で海外医薬品を目立つように表示させてはならないということ。画像はもちろん、文字で表示したりそれを一部伏せ字にして表示するのも広告となってしまうので違法行為にあたります。

そのため必ず正式名称を入力して検索、その結果初めて海外医薬品が表示をされる作りでなければなりません。しかしながらこうした形を取っている通販サイトは非常に少なく、多くのサイトは違法サイトなのです。

その中には長く営業しているサイトもあるため危険であるとは認識しづらいでしょう。ですがこうしたサイトは明確に違法ですから、利用されるのであれば注意するに越したことはないのです。

購入としての形式は個人輸入

海外医薬品の通販は一般的な通販サイトとは少し違います。扱っている商品は処方薬が多く、本来であれば病院へ行かなければ手に入れられません。しかし個人輸入という方法を取れば、処方せんを持っていなくても医薬品(処方薬)を購入する事が出来ます。

リンク先にもあるように個人輸入とは「海外で販売されている商品を個人で使用することを目的として購入すること」とあります。

しかし医薬品は慎重に扱われるべきものですから、いくら海外で一般的に販売されているとしても通販で購入すれば違法になるのでは?と思ってしまうのが普通です。しかしそのような心配は必要ありません。

医薬品も個人で使用する場合のみ処方せんを持っていなくても購入することが出来ます。つまり海外医薬品を個人輸入を利用し購入すれば、病院へ行かなくても処方薬を手に入れられるのです。厚生労働省のHPに詳細が記載されているので、まずはその一部を見てみましょう。

(引用)一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

譲渡や販売は出来ない

個人輸入のルールで一番重要なのは「自身で使用する場合にのみ認められる」ことです。いかなる理由があろうと他人への譲渡や販売は禁止されています。もしそのようなことをすると処罰される可能性があるのでやめましょう。

ただし海外医薬品による商売をお考えなのであればさまざまな許可を得ることによって可能となります。もちろん全てをクリアせずに営業すれば違法になるので、それについては所定の機関で必ず確認を行って下さい。

購入出来る数量に注意

海外医薬品を個人輸入する場合、一度に購入出来る量が決められています。特に通販サイトで購入される方はそのほとんどが処方薬目当てでしょう。処方薬は用法用量から見て「1ヶ月分以内」を超えないように購入しなければなりません。

決められている数量を超えていた場合、税関から発送国に返送される可能性もあり、その場合再度送料を支払わなければなりません。非常に無駄な出費となってしまいます。通販サイトで購入する場合、スタッフが何回かに分けて発送することを知らせてくるはずです。その支持に従うか、あるいは数量を減らすかして対応して下さい。

ただし決められた数量を超えた場合は地方厚生局にて薬監証明を申請し証明を受けることで許可されます。こちらも不明点は地方厚生局に尋ねたほうが良いでしょう。

処方薬とは?

処方薬(処方せん医薬品)は、医師から処方せんを発行してもらい、薬剤師から受け取る必要のある薬です。効果が高い反面、副作用も強く出ることから、専門知識を持った者が扱わなければ危険なためこういった方法が取られています。法律で決まっている手順なので違反すると厳しく罰せられるのです。

とは言いましても医師・薬剤師の指導に従えば副作用による健康被害はそうそう起きません。特に日本は世界から見ても承認の基準が厳しいことで知られています。ですから仕様に関しては安心して下さい。

しかし例外もあります。それが当サイトで取り上げている海外医薬品の通販です。「個人で利用する場合」に限り、病院で診察を受けて処方せんを発行されなくても、処方薬を購入することが出来ます。

管理人は病院とも併用しています

海外医薬品は自宅にいながらでも注文が出来るのが大きなメリットです。しかし海外から発送されるため、到着時間が読めません。大抵は10日前後で届きますが、状況により2週間ほどかかることもあり、使いたい時に使えないというデメリットもあることを覚えておきましょう。そのため私は病院も利用しています。

病院は平日・休日問わずいつも人が多いですよね?普段から通販を使っている私にとってはかなり時間を無駄に感じてしまいます。しかし診察が終わればすぐに薬をもらえるので、その点はとてもありがたいです。ということから併用はありと考えています。タイミングが良ければ10分程度で診察ということもありますしね。

それに保険適用がありますから、3割負担によって値段はそれほど高くありません。ただ、保険適用外の医薬品もあります。それはED治療薬やAGA治療薬などの薬ですから、まったく触れる機会の無い方がほとんどでしょう。保険適用がありませんから、1錠がすごく高くなってしまうのです。

ただその反対にこれらの医薬品を使われたい方にとって、通販は非常に利用価値の高いものになります。私は幸いハゲてはいませんが、ED治療薬はたまにお世話になっています。

通販で購入すれば病院で処方される1錠の値段で1箱分が買えたりします。これは後ほど説明するのですが、海外医薬品はジェネリック(ジェネリック医薬品)が主流であるのが理由なのではないでしょう。海外ではほとんどがジェネリックということもあり、日本とは違ってとても身近な存在なのです。

このように互いのメリットを知っておけば薬を使う際とても便利です。特に通販で多くの医薬品を見て知った場合は色んなものに興味が出てくるかもしれませんよ?私が実際そうですしね。薬って高いんだなと改めて思ったし、こんな用途の薬まであるんたよ。

通販サイトについて

通販サイトについて

それではいよいよ当サイトのもう一つのテーマでもある、「通販サイトの紹介」と「それぞれのサービス内容等の比較」を行っていきましょう。

前述しているように、海外医薬品の通販サイトは現在その数が非常に多いです。検索エンジンで「医薬品 通販」「薬 個人輸入」などと入力するといくつもの通販サイトが結果として出てくることでしょう。その中には優良サイトもあれば、あまりおすすめ出来ないサイトもあります。

日によってはそのおすすめできないサイトの方が、上位に表示されることがあるかもしれません。ユーザーは上位のサイトをクリックしがちですから(私もそうですが)、もしそのようなおすすめ出来ないサイトで購入した場合ちょっと怖いですよね?

そこで当サイトでは数多くの海外医薬品の通販サイトで、安心して買い物が出来るサイトをご紹介します。また、悪質なサービスを行っているサイトも取り上げていきます。

おすすめ出来るポイントや、実際にいくつかのサイトを使ったことがありますので率直な感想。そしてネットユーザーの評価なども合わせて、買い物の参考にしてください。

管理人のおすすめサイトランキング

数ある中から選んだ、おすすめ出来る通販サイトをランク付けしてみました。私の主観も非常に多く入っていますが、「使いやすさ」「サービス内容」「安全性」などを評価しています。

その中で特に重要視したのが「安全性」。薬は体に入るものですから特に気になります。処方薬は副作用も重篤になってしまう可能性もありますから。成分鑑定を行っているかどうか?不良品であった場合、返品が出来るかどうか?とても大切ですからね。

もちろん選んだ通販サイトは、いずれも正規品のみを取り扱っていますのでご安心下さい!

  • お薬なび

    おすすめ通販サイトランキング第1位はお薬なび。商品数が多く値段も買い求めやすいのもさることながら、サービス内容が充実しているので、とても買い物がしやすいです。ポイント制度も他サイトよりも高還元であり、リピーターにも優しいのが特徴といえます。

    なにより素晴らしいと思う点は、「日本の法律を遵守している」という点です。なによりも安心して利用が出来ますよね。実は通販サイトでは守れていないところが多いので、お薬なびはそういった点で貴重なサイトともいえるのです。

  • ライフパートナー

    おすすめサイト第2位はライフパートナーです。こちらの運営元はお薬なびと同じで、いわゆる姉妹サイトにあたります。具体的なサービス内容はほぼ一緒なのですが、違いがありまう。それはキャンペーンの内容です。

    ライフパートナーから不定期で届くメルマガの内容を見てみますとセールやクーポンなど、対象となっている商品が違うんです。お薬なびと比べてみるのも面白いかと思います。

    そしてもちろん、ライフパートナーも日本の法律を遵守していますよ。安心してお買い物を楽しむことが出来ます。

  • おくすり購買部

    私が選ぶおすすめランキング第3位はおくすり購買部です。このサイトも第1位に選んだお薬なびと同じ運営元なので日本の法律が守られており安心して買い物を行えます。

    姉妹サイトのお薬なび、ライフパートナーよりも一層シンプルな構成でかなり見やすいサイトです。すっきりとしたサイトがお好みであれば、かなり買い物がしやすいのではないでしょうか?前身が性のお悩みサイトだったので、ED治療や早漏を克服されたい方には要注目の通販サイトと言えるでしょう。

  • オオサカ堂

    私が選ぶおすすめランキング第4位はオオサカ堂です。言わずと知れた超有名サイトで、海外医薬品の通販を利用されるのであれば必ず一度は名前を見ているはず。ちなみに私が初めて海外医薬品を購入したのも、オオサカ堂からでした。

    その特徴は商品数がとても多いこと。そしてとにかく値段が安いんです。ポイント制度もあるので、リピーターになることで還元率が優遇されます。「正規品100%保証」こそ掲げてはいないものの、ネット上で偽物の報告が無いので、こちらも安心して買い物が出来るサイトです。

    オオサカ堂のHPへ

  • アイドラッグストアー

    私が選ぶランキング第5位はアイドラッグストアー。海外医薬品の通販サイトではこちらが唯一?日本法人なので、当然法律を遵守しています。また大きな特徴として海外医薬品の他にも薬局で購入出来るOTC医薬品も購入出来る点です。

    サービス内容も充実しており電話やFAXでの注文が可能で、しかも女性専用サービスもあるのだとか。女性ならではの悩みはいくらネットからとはいえ、しにくいですよね?そんなときはアイドラッグストアーを利用することで気負いなく出来るでしょう。

    アイドラッグストアーのHPへ

各通販サイトの特徴

おすすめランキングに続いては、各通販サイトの特徴を簡単にご紹介していきましょう。最初にもお伝えしたと思いますが、ここで挙げる通販サイトの全てを私は利用しておりません。使ったサイト、使ったことが無いサイトは都度明記していきます。

また各サイトごとに利用規約、ルールなどが設けられておりますのでこちらに関しても知っておきましょう。注文方法、決済方法、ユーザーサポートも違うことが多いのでそちらも参考にしてみて下さい。私もなるべくそういった細かい点について記述していきたいと思います。

そして注目していただきたい点が、「日本の法律を遵守」しているかどうか?海外医薬品は日本では承認されていない薬です。これは最初の方にも説明を致しました。日本の法律を遵守というのは広告表示などをしていないかどうか。海外医薬品は目立つテキストやバナーなどで宣伝をしてはいけない決まりになっています。

リンク先の例にもありますが、未承認薬は明確な効能などを記載してはいけません。もしも広告表示を行っているサイトがあれば、そこは法律を守っていないといえるのでよくよく注意をしておきましょう。

私の解釈では「病院へ行かなくても通販で処方薬(未承認薬)は簡単に買えるので気を付けましょう」ということになるのではないでしょうか?

意外と知られていないであろう薬機法が守られているかという点も含めまして、各サイトの特徴を簡単にご紹介していきます。

お薬なび

お薬なび

お薬なびはここ最近知名度を上げてきている通販サイトです。その理由として考えられることは常にユーザー目線に立ったサイト作りなのではないかな、と私は思っています。商品数が多く比較的値段も安いので利用しやすいといえるでしょう。

そして何よりも各サポートが充実しており、一般的な通販サイトよりも早くメールの返事が来ます。また、あまり注目されていない点ですが、「日本の法令を遵守している」ことも信頼出来るポイントだと思っています。ポイント還元も非常に多いですし、一度は利用してみる価値はありますよ。

ライフパートナー

ライフパートナー

ライフパートナーはお薬なびの姉妹サイトで、とてもサポートの充実を感じ取れる通販サイトです。扱っている商品の数も多く、欲しいと思った薬は大抵見つかるはずです。決済方法もクレジットカード、銀行振込と揃っており、2018年1月にはコンビニ決済もスタートしました(お薬なび、おくすり購買部も同様)。

また検索をしてみると、いつの間にか商品数が増加してきており気合を感じられます。これもお薬なびと並び、追加を行っているのでしょうか。ちなみに私はわざとメールや電話で質問をしたことがあるのですが、親切に答えてくれました。特にメールは営業時間内であれば当日に返ってくることが多いですよ。

おくすり購買部

おくすり購買部

おくすり購買部は、お薬なび、ライフパートナーと同じ運営元が営業している通販サイトです。おくすり購買部の特徴としては、どちらかというと男性のコンプレックスになりやすいED治療薬を強めに押し出している作りだと私は見た感じ思いました。

こちらも各姉妹サイトと同じく「日本の法令を遵守している」サイトのため、安全に利用出来る数少ないサイトと言えるでしょう。もちろん運営元が同じですからサポートも充実。私はわざと電話で質問をしてみましたが丁寧に答えてくれました。

オオサカ堂

オオサカ堂

海外医薬品の通販サイトと言えばここ、という方も多いのではないでしょうか?それがオオサカ堂です。私の友人もこのサイトを知っているという者は多く、実はED治療薬の世話になったと教えてくれたりしました。なにより私が初めて使ったのもこちら。まず商品数が多いことにびっくりしました。

決済方法は銀行振込のみで(2/1現在)、その点は不便だと感じています。また詳細説明でも申しますが、オオサカ堂は未承認薬の広告表示をしているため、国内の法律に違反しているサイトです。ただし詐欺・偽物が届くといったようなことはありません。

JISA

JISA

JISAはオオサカ堂の姉妹サイトで、共に香港を拠点とする企業により運営されています。商品数が多く、しかも比較的値段が安いのが特徴でネット上でも良く話題に挙げられるサイトです。電話注文も可能なので、WEB注文の仕方が分からない方も簡単に海外医薬品を購入することが出来ます。

ただ少々難点があり、PCで閲覧した場合サイト表示が少々見づらい状態です(スマートフォンでは問題なし)。恐らくページのソースが正しく構成されていないからでしょう。いちはやくこういった細かい点も直して欲しいと思います。またJISAも未承認薬の広告表示を行っており、「日本の法令を遵守していない」サイトにあたります。

ベストケンコー

ベストケンコー

ベストケンコーは10年以上営業を続けている海外医薬品の通販サイトです。長く続けられているということはそれだけ信頼されている証といえ、利用者の多いサイトと言えるでしょう。私も何回か利用したことがありますが大きめの表示で見やすいと思いました。

またポイントプログラムやクーポンの配布も頻繁に更新されている印象を受けます。送料無料ではありますが、それとは反対に商品の値段が他のサイトと比べ少々高めなのが気になるところです。これはユーザーにとってはマイナス要素。またこちらも未承認薬の広告表示を行っているため、厳密に言えば「日本の法令を遵守していない」サイトといえます。

くすりエクスプレス

くすりエクスプレス

くすりエクスプレスはベストケンコーの姉妹サイトです。こちらも海外医薬品を購入出来るサイトで、ネット上でも良く見るサイトという印象を受けています。くすりエクスプレスもポイントやクーポンの配布を定期的に行っており、お得な買い物が出来るのではないでしょうか?

しかし姉妹サイトというだけあり、送料無料であるにも関わらず商品の値段は他サイトと比べ高めです。恐らくは送料なども加味されているのではないでしょうか?そして未承認薬の広告表示が行われており、「日本の法令を遵守していない」サイトになります。

アイドラッグストアー

アイドラッグストアー

アイドラッグストアーは個人輸入代行業者としては変わっているサイトです。多くの業者は海外に本拠を置いています。日本国内で営業するとなると、国の決まりなどで動きづらいからです。

しかしアイドラッグストアーは、その決まりが厳しいとされる国内でも長らく営業を続けており、信頼性はとても高いです。薬機法で規制されている未承認薬の広告もされていないので「日本の法令を遵守している」サイトと言えます。

また、薬局で販売されているOTC医薬品の販売されているのが最大の特徴です。普段見かけることの多い商品を海外医薬品と合わせて購入出来るメリットはとても大きいでしょう。

あんしん通販薬局

あんしん通販薬局

あんしん通販薬局は2012年に開設した海外医薬品の通販サイトです。まだ通販サイトとしては新しく、お薬なびやオオサカ堂などと並ぶと知名度は少し低いです。とはいってもある程度知られているサイトではないでしょうか?

正規品100%保証をしており、私がこちらを利用した感覚でも本物に間違いは無いと思います。しかし商品の値段は他サイトと比べてみても高いです。また、未承認薬の広告表示をしており「日本の法令を遵守していない」サイトなので、この点については気を付けて利用された方が良いでしょう。

ネット総合病院

ネット総合病院

ネット総合病院は比較的新しい通販サイトのようです。解説は2014年と結構最近みたいですね。大きなアイコンですから見た目としては分かりやすいのではないでしょうか?口コミを投稿し、月イチでグランプリに選ばれた方は5000ポイントもらえると言うサービスがあります。

これはあんしん通販薬局でも行われていたイベントのようですね。同じグループなのかもしれません。例によってネット総合病院も未承認薬の広告表示を行っているサイトのため、「日本の法律を遵守していない」ということになります。

くすりの宅配便

くすりの宅配便

くすりの宅配便は2009年に開設された通販サイトです。およそ10年営業を続けているので、信用出来るサイトの1つであると思います。ネットで検索しても偽物を販売していると言った情報は見当たりませんでした。こちらは電話注文も可能なので、WEB注文に慣れていない方にとっては助かるでしょう。

ただ、値段については平均すると高いと思います。ポイントは3%付与されますが私は購入金額の兼ね合いもあってそこまで利用していないというのが現状です。もう1つの理由としてはやはり未承認薬の広告表示です。こちらも例に漏れず行っているため、「日本の法律を遵守していない」サイトとなります。

空詩堂

空詩堂

空詩堂は海外医薬品の通販サイトですが、なんと日本製の処方薬も購入することが出来ます。恐らくは日本から海外へ発送し、海外の拠点から購入者へ送るという手法を取っているのでしょう。空詩堂の大きな特徴であり、ネット掲示板でも最近よく見るサイトです。

しかし値段は海外医薬品、そして日本の処方薬とも総じて高めです。どちらもジェネリックが販売されていますので、値段を心配されるのであればこちらを購入してみましょう。しかし空詩堂も未承認薬の広告表示を行っているサイトですから、「日本の法律を遵守していない」サイトになります。

購入を控えるべき通販サイト

海外医薬品の通販サイトはとても多いです。先に紹介した通販サイトについては安心して使えるサイト、比較的安心して使えるサイトとして挙げています。

「比較的この安心して使えるサイト」としたのは、未承認薬の広告表示が行われていたり、ネット上で悪い評判も結構見られたため。なによりも法律を遵守していないと確認出来た有名サイトも非常に多かったためです。出来る限り、日本の法律に沿った通販サイトを利用することをおすすめ致します。

そしてこれから挙げるサイトはハッキングの危険性・フィッシング・日本語表記が少し怪しい・法律により個人輸入が規制されている医薬品の販売をしている、など非常に危険な要素が含まれています。これから挙げるサイトに関しては出来る限り購入は避けて下さい。

私はこれから挙げるサイトを利用したことはありません。何が起こるか分からないためです。もし利用されたことのある方がいらっしゃるのであれば教えて欲しいくらいです。そういうわけで、通販サイトの利用をお考えの方はよく考えてから利用してみましょう。

お薬館

お薬館

お薬館は最近良くネット上でも名前を見る海外医薬品の通販サイトです。未承認薬の広告表示をしているため、「日本の法律を遵守していない」サイトにあたります。そればかりではなく、2016年10月に個人輸入が規制された抗不安薬のデパス(及びジェネリック)、睡眠薬のアモバン(及びジェネリック)を堂々と販売しているのです。

第三種向精神薬に指定され、販売は明確に法律違反となります。また購入された方も罰則を受ける可能性があるので絶対に行わないで下さい。厚生労働省のHPに記載されているように、厳しい罰則が設けられています。お薬館で海外医薬品を購入することはとてもリスキーです。十分にご注意下さい。

アット通販

アット通販

アット通販は海外医薬品の通販サイトです。「海外医薬品の通販サイト」で検索してみるとあまり見かけることはなく、個人的に言えばそこまで有名なサイトではないのでは?と思っています。こちらも例の如く未承認薬の広告表示を行っている通販サイトのため、「日本の法令を遵守していない」サイトに位置づけられるでしょう。

またセキュリティ面でも少々不安な面があり、外部からハッキングされる可能性も十分に考えられるサイトです。そして医薬品のページごとに違うドメインが使われています。なぜそのような仕様になっているのかは分かりませんが、そういった理由も込みで私はあまり使いたくないサイトです。

USkenko

USkenko

USkenkoに関しても、あまりおすすめしたくない海外医薬品の通販サイトと言えます。未承認薬の広告表示を行っているため「日本の法令を遵守していない」サイトで、アット通販と同じようにハッキングの危険性も挙げられてるからです。

値段も高めに設定されていますし、情報は少ないですがあまり良くないとされているサイトだと思ったので私は利用していません。それに特定商取引法の表示を見ると所在地は香港なのですが、電話番号が03なのも気になるところです。東京に別の拠点があるのでしょうか?

CLVmall

CLVmall

最後はCLVmallについてのご紹介で締めくくらせていただきましょう。こちらに関しても未承認薬を広告表示させていますので、明確に「日本の法令を遵守していない」サイトになります。レジットスクリプトで指摘されているとおりであれば、とても危険といえるはずです。

またサイトの文章を良く読んでみると、ところどころおかしな日本語になっているのに気付くはずです。すなわち日本人スタッフの関わりは少ないと推測出来ます。また、上記のリンクでも確認できるように複数の通販サイトを持ち、その中にはアイドラッグストアーを騙っているものも。

こういった観点で、私はこのサイトの利用は控えています。皆さんも利用に関しては気を付けるようにして下さい。

病院処方と通販のメリット・デメリット

多くの方は普段病院で薬を処方してもらっていたはずです。しかし今ではインターネットで薬を購入することができ、とても便利になりました。

実際その2つの方法によるメリットの違いはなんなのでしょうか?これについてはよく知っておかなければなりません。また、それらのデメリットも覚えておく必要があります。では先に、皆さんも経験されてきたであろう病院処方についてからお伝えします。

病院処方について

病院処方について

今でこそネットを使い処方薬を購入することができ、そして多くの方に知られるようになりました。しかし今でも病院で診察をしてもらい、薬を手に入れるという方がほとんどのはずです。通販を利用されている方も、病院へ度々行かれている方もいらっしゃるのでは?

お分かりだと思いますが処方薬(処方せん医薬品)は抜群の効き目を持っています。その反面、副作用もOTC医薬品より出やすいため、厳重に管理されなければなりません。それを安全に使うため、分量や種類など記載されている処方せんを渡してもらわないとだめなのです。

近年は病院で診察をしてもらった後、近くの調剤薬局で薬を処方してもらう流れが主流になっています。この理由としては、医師が決めた薬で問題ないか?など薬剤師のチェックが行われ事故の予防に繋がるためです。

病院処方のメリット

病院処方のメリットとしてまず挙げられるのは安全性です。医師の判断によってその時の症状に対する的確な薬を選び、処方せんが発行されます。

次に薬剤師に処方せんを渡します。大体の病院では院外処方が多くなったと思うので、自分の行きやすい調剤薬局で処方してもらって構いません。その後何も問題が無ければ薬を手に入れる事が出来ます。調剤の際は確認作業も多いことから非常に安全です。

なお、近年はジェネリックを推奨される傾向が多くなりましたので、問題が無ければそのままジェネリックを。もし先発薬が良ければその旨を伝えて下さい。どちらも選べます。

この一連の流れによって薬の使用方法(用法・用量)さえ間違えなければ副作用のリスクはかなり下げられます。ただし絶対に副作用を避けられるわけではありません。そして万が一健康を著しく損なってしまったら?

もしもそのようなことがあれば「医薬品副作用被害救済制度」を受けることが出来ます。対象になる場合とならない場合があるので注意をしなければなりませんが、病院で処方した薬による被害があればこのような補償が受けられるのです。

この制度は案外知られていないので、この機会に覚えておきましょう。なお、海外医薬品を個人輸入した場合によって健康被害が起きてしまっても医薬品副作用被害救済制度は受けられません。これについては後ほどご説明致します。

すぐに薬を使える

病院処方によるメリットは薬をすぐ使えることも挙げられます。処方せんをもらい、その日に調剤薬局ヘ行けば薬を渡してもらえるからですね。もちろん診察後、用事があって別の日に処方してもらうことも可能ですが、処方せんには期限があるので気を付けて下さい。

その期限は4日以内ですので、その間に薬をもらって下さい。期限が過ぎてしまうとまた処方せんをもらわなければならないため忘れないようにしましょう。

素早い治療で重症化を防げる

先程挙げたことに関連していますが、病院処方ならば診察してすぐに治療を開始出来るので、病気の快復が早くなります。それによって重症を防ぐことも出来るでしょう。重症化した場合、心身のダメージも大きいですが、その治療費も跳ね上がる事がありますからね。どんな病気でもそうですがすぐに治療を行いましょう。

病院処方のデメリット

病院処方のデメリット

病院処方によるデメリットはあまり思いつかないでしょう。ですがこれから挙げる例を見ると納得されるはずです。それではいくつかのデメリットをご説明致します

多くの時間を費やしてしまう

まず最初に挙げるデメリット。病院はとにかく時間がかかる。どこでもいいという方は自宅からすぐ行ける病院を選ぶでしょうから通院の時間はそこまで気にされることはないはず。評判が良ければ多少の時間をかけてでも行かれる方は意外にもいらっしゃるのでは?

病院に着いたとしても、評判が良いわけですからきっと患者が多いはずです。それにより待ち時間が発生します。特に土曜日や日曜日に開業している病院は全日、診察待ちをされている方を見かけます。

私も経験していますが1時間以上待った経験がありますね。帰るにしてもこれまでに使った時間がもったいないないので、呼ばれるまで耐えていましたが。どちらにしてもかなり苦痛です。

待ち時間が発生するのは休日だけでは無く平日も変わりません。特に仕事終わりの時間にしか行けない方で集中し、休日と同じく30分待ちをすることも珍しくないと思います。

病院で診察してもらうのは安心感があります。しかしそれによる時間の無駄遣いはかなりネックです。今ではネットで診察の予約が出来る病院もありますが、10分程度は待つことはザラです。

そして肝心の薬をもらうためにも待ち時間が必要で、これもまた10~20分はかかってします。他に患者がいなければすぐ呼ばれたりしますが、近くに病院があればその流れで行かれる方が多いので、結構な人数がいることでしょう。

調剤薬局でも待ち時間が発生する理由は「病院処方のメリット」の項目でも説明したように、処方される薬が症状に適応しているかといったチェック、処方せんに記載してある量に薬を小分けにしたりなど、細かい業務があるためです。人の手によって行われるわけですから、一から確認すれば当然時間もかかります。

コストがかかる

最後はその費用について。保険制度により多くの医薬品は3割の負担で済みますが、診察費や処方料なども加算されます。1回きりの通院ならばそこまで考慮する必要はありません。「こんなもんか」といった、一種の納得が出来るかと思います。しかし通院をされる方にとってはとても重要な問題となるでしょう。薬代+様々な医療費は月に1回、あるいは隔週に1回など積み重なっていけばかなりの出費となるはずです。

仮にジェネリックを選択した場合でも、診察代などが安くなることはありません。ジェネリックがまだ無い、もっと高い薬を飲まなければならない方はさらにその費用は高額になることでしょう。それは保険適用外の薬にも言え、処方してもらうには全額負担が必要です。薬代だけでも5000~10000円以上かかることもあります。

その保険適用外の薬として知られているのは、ED治療薬、AGA治療薬、避妊薬など。特にAGA治療薬と避妊薬はその効果を得続けたいのであれば、毎日使用しなければなりません。薬が無くなれば病院へ行かねばならず、その度に発生する待ち時間や医療費を考慮したりすると、結構な負担になるでしょう。

通販で購入するメリット

続いては通販で海外医薬品を購入するメリット、デメリットについて説明致します。

実は医薬品の通販は国内の企業が運営しているサイトでも可能です。しかし扱われている商品はOTC医薬品(一般医薬品)と呼ばれるもの。このOTC医薬品はあまりご存じでない方もいらっしゃるはず。しかしとても身近なものです。これらは薬局などで購入することが出来る薬で、原則として処方せんは必要ありません。

OTC医薬品は第1類、第2類、第3類に分けられており、最も効果の高いものは第1類医薬品です。購入する場合は必ず薬剤師帯同が帯同する必要があります。しかしこの第1類医薬品もネットで購入することが可能で、その場合はいくつかの手続きを行わなければ購入することが出来ません。必ず全ての項目に回答して下さい。

そしてここが一番肝心なことでしょう。日本国内では処方薬をネット通販で販売、および購入することは出来ません。処方薬はOTC医薬品より効果が高いのは周知のとおりですね。しかし入手するためには薬剤師と対面して処方をしてもらうことが原則なのです。

インターネットにおける医薬品の販売については、こちらも厚生労働省のガイダンスがございますので、参考にしてみて下さい。

処方薬はとても効果が高いのはこれまで説明したようにご理解いただけているはずです。それと同時に副作用も起きやすく慎重な扱いが必要です。そのためこういった方法が取られています。その代わり処方された薬の責任について、医師はきちんと請け負ってくれるのです。

しかし実際のところ、病院へ行くのに気が乗らない時もあるでしょう。でも薬が無くなってしまったのでもらわなくちゃいけない。その場合は診察はしてもらわずに薬だけをもらうという方法もあります。このケースは実際多いでしょう。私も薬をもらうために病院へ行くことは何度もあります。

ただしそういった場合でも当然ながら医師から処方せんを発行してもらわなければなりません。このようなケースだと待ち時間がとても無駄と思えますよね?安全に使えるに越したことはありませんが、なんとかしてこの無駄な時間を省きたい。それこそ処方薬がネットで購入出来ればどれほど便利でしょうか?

時間の無駄を無くせる

時間の無駄を無くせる

海外医薬品の通販サイトの利用は処方せんが不要です。病院へ行く時間、病院で待つ時間、調剤薬局で薬をもらうための時間を省くことが出来るので、無駄に発生する待ち時間を無くせることが出来ます。通販サイトを利用するメリットとして大きなポイントと言えるでしょう。

面倒な個人輸入の手続きが不要

実は自分で個人輸入をするのはそれなりに大変です。まず前提として欲しい商品を販売しているサイト(当サイトの場合だと医薬品)を探さなければなりません。そしてそのサイトを見つけられたとしても次には書かれている文章を読めなければ話になりませんよね。最低でも英語を読めるレベルが無ければ駄目でしょう。

そしてそのサイトが扱っている商品は本物か?購入フォームを見つけ、住所の入力や決済方法を選び、実際に購入をしたと仮定してみましょう。それが出来たとしても本当に届けてくれるのか?届いたとしても、もし税関で不備が合った場合は自分で対処しなければなりません。支払った代金によっては関税がかかってしまい、支払う必要があるかもしれませんし。

初めて個人輸入をされる場合には分からないことがいくつも出てくるでしょう。今ではネット上に手順を教えてくれるサイトがたくさんあり、解決方法を検索出来ると思います。しかし何から調べればいいのか?それすらも分からないかもしれませんよね。しかもその対象は最も扱いに慎重さが必要な医薬品です。

そういった不慣れな方たちのために個人輸入を代行してくれるサービスとして海外医薬品の通販が存在しています。サイトを運営しているのは「個人輸入代行業者」と呼ばれる企業で、現地の販売業者と購入者を仲介してくれるのです。つまりは仲介業者と言ったような位置付け。手続きなどは全て通販サイト側が行ってくれますから、一気にそのハードルが下がると思いますよ。

費用の節約が出来る

海外医薬品の通販で購入するメリットはずばり費用の節約に他なりません。なぜなら病院処方の医薬品よりも、海外医薬品の方が安いため。その安さにはもちろん理由があります。

それは通販サイトで販売されている商品にジェネリックがとても多いため。これらを販売しているメーカーは海外の企業です。そのため日本ではほとんど馴染みが無いかと思います。そのため個人輸入を利用して購入をする必要があるのです。

こういった海外メーカーが販売するジェネリックは、特にコンプレックス系の薬を使われたい方にとっては重宝するでしょう。どういうことかといいますと、コンプレックス系の薬は保険適用されないものが多いためです。

例えばED治療薬を使ってみたいとしましょう。病院で処方してもらう場合だいたいの値段は1錠あたり1500円以上必要です。バイアグラに限って言えばジェネリック(ジェネリック医薬品)も発売されていますが、こちらも1000円を切ることはありません。

しかし海外で販売されているED治療薬のジェネリックは1錠あたり1000円を切ります。しかも先発薬も病院で処方してもらうより安く購入が出来るのです。海外医薬品の通販は時間を無駄にしないことに加え、費用を安く抑えることにも役立ちます

購入出来る商品はED治療薬だけではなくAGA治療薬、ピル(避妊薬)、抗生物質、ニキビ治療薬、睡眠薬、抗うつ剤など様々。これら全てのジャンルにジェネリックがありますので、費用の削減がかなり捗るのでは無いでしょうか?

プライバシーの保護

プライバシーの保護はユーザーとして重要視するべき点です。コンプレックスの解決が出来る商品を主に販売しているサイトが多いため、それを知られるのはユーザーとしては嫌なところ。注文をすれば直で届きます。梱包も住所と氏名しか記入されていませんので、何が入っているかも知られることがありません。プライバシーの保護が可能なのです。

私は行ったことがありませんが、友人から聞いてみるとやはりそういった専門クリニックへ行くのは多少気を使ったということです。気心の知れた仲であればこのように打ち明けるのも平気ですが、特に会社の人間とばったり顔を合わせてしまうとかなり気まずいですよね?

もしかしたらよからぬ噂を立てられてしまうかもしれない。そんな不安が絶対に起きてしまうはずです。使う際もプレッシャーによってあまり効果が得られないかもしれません。そのような事が起きにくいのも通販のメリットだと言えるでしょう。

家族にも知られたくない、そうお思いでしたら郵便局留めも可能な通販サイトを選んで下さい。中には出来ないサイトもありますので、そちらは良く説明を読み、分からない点があればその通販サイトのサポート担当に聞きましょう。

通販で購入するデメリット

通販で購入するデメリット

海外医薬品を通販で購入出来るのはとても便利ですが、デメリットもあるため利用する際は気を付けなければいけません。まずある程度の期間は薬が使えないこと。海外から発送されるので到着が一般的な通販と遅いので、流通の違いを理解しておく必要があります。

そして取り締まりなどもありかなり少なくなったようですが、未だに悪質なサービスを行ったり、詐欺を行うサイトもあるようです。ただでさえ「商品(医薬品)」を「海外から購入」するという特殊な形なわけですから、不安は一層強くなりますよね?

そういった通販で起きるデメリットも包み隠さずに皆さんにお伝えしていきます。それによって気持ちのいい買い物が出来ると私自身思っているためです。

商品の到着に時間がかかる

海外医薬品の発送は現地から行われます。各通販サイトにも記載されていると思いますが、発送元は香港、インド、シンガポールが多いようです。特に香港とシンガポールは流通の拠点なので、もしそこが発送元であれば比較的早く到着すると思います。

インドは海外ジェネリックの本場(?)ですから発送元であるのは非常に都合が良いでしょう。しかし他の発送元よりもインフラの整備が心許ないので、遅れの発生が起こるとしたらまずインドでしょう。

こちらも各通販サイトに記載されていますが、到着は大体10日前後です。遅ければ2週間前後はかかるので日時は理解をしておきましょう。ただ追跡番号を知らせてくれますから、その番号で検索することで今現在どの位置に荷物があるかはある程度把握することが出来ます。

こういった機能を駆使したり、心配であればサイトのサポートへ連絡してみましょう。また既に通販を利用されている方であれば、無くなる直前ではなく余裕を持って注文するのもストレスを溜めにくいのではないかなと思います。

Amazonなど通販のスピードが以前に比べとにかく早くなったこともあり、多少時間がかかるように感じるかも知れませんが、距離の問題があるのでそこは大人の余裕で対応しましょう。

詐欺・悪質なサービスの危険

海外通販は値段も安いし利用したいと考えてはいるが、どうも一歩踏み出すのが難しいのは「信用」の部分ではないでしょうか。医師に説明を受けての処方や薬局の対面販売での薬の購入は人との直接やり取りがあるので非常に安心できます。何か問題があってもすぐに当人と顔を合わせる事ができます。

海外からの個人輸入となると、コミュニケーションは主にメールとなります。もちろん日本語が通じない場合も考慮しないといけません。電話での対応は稀です。 場所が離れているのを良い事に、金額だけ支払いをさせ商品は送らない、完全に偽物の薬を正規品の値段で販売するなどの悪徳詐欺業者が多く存在しています。さらに粗悪品の流入も以前にはありました。成分量が違うものや、効果がほとんどないもの、決して衛生的とは言えない環境での薬の製造や、日本ではありえない方法で薬を製造していた会社があったという報告もあります。主に正規品として販売されているものの偽造品にみられるものです。

現在は個人輸入の代行業者もしっかりしたサービスを行い、長期間運営を続けている老舗の輸入代行業者も出てきています。そのようなサイトが偽物や粗悪品を扱う商売をする事は無いでしょう。以前たくさんあった悪徳なサイトは、ネットでの書き込みなどの口コミによって、どんどん淘汰されていき、今はほとんど見られなくなってきました。質の高いサービスで、まっとうな商売していないと長続きしないという見本のようなものです。

誇大広告も要注意です。ダイエットや美容に関して効果が高く、安全で値段が安い、と大きく宣伝するものにはさして効果が認められないものも少なくありません。

信用できるサイトを選び購入すれば、非正規品などをつかまされる事はありません。さらに心配な場合は一人で判断せずに医師や家族へ相談するのも時には必要です。

副作用が起きても救済制度が受けられない

海外からの通販で購入した医薬品に関しては、医師の処方はありません。したがって自己責任において購入し使用する事になります。医師の処方した薬を服用し重大な健康被害が出た場合には、しっかりと国の認可を受けた薬なので医薬品副作用被害救済制度の対象となります。健康被害を治療するための医療費を公的機関に請求できる制度です。

しかし海外医薬品の場合、国内での認可がされていないものが多くあります。日本の薬のい認可基準も世界トップレベルで厳しい事もあり、効きが良くても副作用が強く現れるものや、副作用の症状の多いものは認可されにくいものです。そんな海外の医薬品を服用後、万が一重大な健康被害が出ても普通に医療費を払い治療する形になります。公的制度を受ける事はできません。

ただほとんどの輸入代行業者のサイトには、そうした薬の使用方法があります。よほどの事が無い限り重大な健康被害が出るような事は無いと思います。流石に海外医薬品の通販でも、劇薬を販売しているサイトはそうありません。よほど健康に心配な方や薬を併用する場合には危険な薬の服用はしないようにしましょう。どうしても使用したいという方は医師に相談し、使用が可能か確認してからにしましょう。

使い分けが便利です

使い分けが便利

このように医療機関での処方も海外からの個人輸入でも、それぞれメリット・デメリットはある事が分かります。ではどちらの方を使えば良いか? それはどちらでもいいのです。あくまでも管理人としての意見ですが、それぞれの状況によって使い分けるのがいいと思います。

国内で処方される薬は副作用のリスクも低く、安全性や衛生面においては安心して使う事が出来ます。症状の重い場合や早い段階での治療が必要な場合には、すぐに対処できる病院での処方の方が向いています。

海外の医薬品は、命に関わる重病に使用する薬よりも、自らのコンプレックスを克服するための薬(ED治療薬・AGA治療薬など)が多いと思います。AGA治療薬は毎日使う薬ですので、安価で購入出来る海外の医薬品は家計の負担を軽減してくれます。ED治療薬も信頼できる輸入代行業者から購入すれば、詐欺のような危険性もありません。

インド製のジェネリックについて

インド製のジェネリック

ジェネリック医薬品とは後発の医薬品の事です。ジェネリックの製造に関しては特許期間の終了(特許が切れること)により、他社が同等の効果の薬を自由に製造できます。この特許制度が異なる国があります。それがインドです。特許は主に、主成分に関する「物質特許」と製造方法に関する「製法特許」がありますが、この物質特許はインドの法律では定められていない為、製造法が違うことで同じ主成分を使った薬を作る事ができました(2010年に法律改訂)。先発薬と同じ成分や効果なのに別の医薬品として扱われます。

製造法や添加物などが先発薬と違うものなので、厳密に言えばインドで作られているのは正規のジェネリックではない事になります。

医薬品の特許期間

先発薬の特許期間は20~25年とされています。「以外と長い」と感じるかもしれませんが、これには理由があります。新しい薬が開発されるには巨額の資金が使われます。およそ250~800億円と言われています。さらに開発期間も10~15年とかなり長期間です。この間にも薬の成分を何度もテストし、厳しい基準をクリアし販売できるように調整していきます。この大きなコストを回収する為に、先発薬の価格は高価になるのです。

この特許の期間には他の会社は製造できない為、独占的に薬を販売する事が出来ます。そこで得た資金はまた新たな新薬の開発に使われる事になる訳です。ジェネリックは安くていいイメージがありますが、元になる新薬が製造されるためには特許による保護もまた必要になるのです。

インドジェネリックの有用性

インドジェネリックに対する非難もありますが、近隣の途上国ではとても必要とされているのも現状です。貧困層の多い途上国では新薬は高価で一般の人たちが使うは困難です。その為、安価で効果の高いインドジェネリックの供給が必要とされています。

インドジェネリックは偽物や粗悪品が多い、正規のジェネリックではないなどの批判もあります。しかし全てのインドジェネリックがそうではありません。

国内で長期的に薬を使っていこうと考える場合、長い目で見ればインドジェネリックの価格はとても助かります。ED治療薬が1錠1500円だとすれば、インドジェネリックは300円~500円で購入出来ます。実際管理人も何度も使っていますが、この違いは大きいものです。価格も安く効果も高い、ただ日本の薬の認可の基準がとても厳しい為、海外では流通していても国内では流通していないものも多いのです。

よほどの乱暴な使い方をしなけば、重篤な副作用が出る事はありません。しかし注意は必要です。リスクがあることも十分に頭に入れておきましょう。

海外医薬品を購入する際の注意事項

海外医薬品を購入

インドジェネリックなどの海外の医薬品はとても安価で購入出来る魅力がありますが、もちろん不安を抱くのも当然です。全部が怪しいわけではありませんが、ゼロではありません。海外に限らず悪徳業者はどこにでもいるものです。

でもいくつかの注意点を踏まえれば、不安を抱えて通販することにはなりません。いくつかの項目で解説していきます。

まずは偽造医薬品に関してですが、世界保健機構(WHO)によると世界で流通している海外医薬品の1割が偽造品だとされます。

正規品と謳い販売しているED治療薬の偽物が摘発によって発見される事がありますが、見た目ではかなり分かりづらいものが多いです。比べてみれば色や大きさに差があるため分かるのですが、比較対象が無いとほぼ分かりません。

さらに購入し届いて初めて偽物か本物の確認になるので、買う前に判断するのはとても困難と言えます。

数量が決められている

個人輸入での海外医薬品の購入は法律で認められています。しかし購入に際しての条件があります。その一つが購入出来る数量が限定されていることです。

・劇薬や処方せん薬…1ヶ月分以内
・医薬部外品やサプリメントなど…2ケ月分以内
・外用薬(軟膏や点眼薬)…1品目24個以内(標準サイズ)

例えば処方せん薬では、一日に1錠飲む薬であれば31錠以内、一日3錠飲む場合は93錠以内が購入出来る数です。

日本では医薬品扱いされない育毛剤やドリンク剤も個人輸入になると、医薬品扱いになります。あと海外では食品扱いのサプリメントなども、医薬品成分が入っていたりすると医薬品として扱われることもあります。

医療機器についても数量は決められています。

・家庭用医療機器(電気マッサージ機など)…1セット
・使い捨て医療機器(コンタクトレンズや生理用品など)…2か月以内
・診断薬(性病や妊娠の検査薬など)…2ケ月以内

これらを安いからと言って既定の量以上注文しても、税関で没収される恐れがありますので、注文の際はどの項目に当てはまる薬で、どれぐらいが許容量なのか確認して注文しましょう。

通販サイトなら心配無し

海外医薬品の購入は、本人が使用する場合のみ個人輸入で認められています。原則としては地方厚生局へ必要書類を提出して違反が無い証明を受けてからになりますが、使用範囲内であれば特例として税関の確認のみで通関する事が出来ます。もちろん使用方法を間違えると重大な健康被害が出るものは別ですのでご注意下さい。

個人輸入で慣れている方であればどれくらいの量を買うことができるか、どんな薬ならOKか分かるでしょう。しかし、初めて購入する場合はわからない方も多いと思います。薬の種類を調べたり、量はどれくらい購入出来る

でもご安心下さい。こちらでも紹介している海外の医薬品を通販できるサイトがありますが、これらは全て個人輸入代行業者と呼ばれています。文字通り個人輸入の代行をする業者です。こちらを利用すれば、普段国内で通販で商品を購入するのと同じ感覚で海外医薬品の購入が出来ます。

信頼のおけるサイトのほとんどは、薬の量を購入時に大量注文が出来ないようになっています。少ない量から規定の量までを購入する事が出来、多く注文した為に税関で止められるという心配がありません。管理者のおススメするサイトは違法な販売業者でないですし、偽物や粗悪品を売るような事はありません。

悪質な通販サイトに注意

偽物や粗悪品をつかまされない為にも、信頼できる通販サイトを選ぶことが大事だとお解りいただけたかと思います。ではその見極めはどこですればいいのでしょうか? これにもチェックするポイントがあります。そのポイントがクリアされていれば、そのサイトは信頼が出来るという訳です。

 

ポイント1 価格が安すぎる
いくら海外の医薬品が安いからといっても、明らかに他のサイトに比べ価格が安いものは怪しいと思って下さい。特に正規品のメーカーから発売されている先発薬(バイアグラなど)で価格の安すぎるものは偽物の可能性があります。インドジェネリックに関しても元々安価で販売されていますが、それよりさらに安すぎる場合も注意が必要です。疑わしいものは購入しないようにしましょう。

ポイント2 保証がされているか
追跡サービによる配達保証や、破損や欠品、事故や盗難の際の無償での再配達が可能であるなど保証がされることをよく確認してください。ただし輸入代行業者は薬を販売しているメーカーではありません。あくまでも個人輸入の手伝い業務になりますので、効果についてのクレームや質問は直接メーカーにしていただく事になりますので、ご注意下さい。

ポイント3 電話対応ができるか
これも重要なポイントです。悪徳業者は直接のクレームを避ける為、電話対応が出来ないサイトにしています。電話対応していてもなかなか繋がらないものや、日本語がおぼつかないオペレーターが出る場合も怪しいと思った方がいいでしょう。当たりまえの事ですが、しっかりと運営している業者であれば、顧客への対応はきちんとしているものです。

ポイント4 日本語の表記が変
稀にではありますが、薬の効果や用法の説明の部分で、変な言い回しや句読点の付け方、グーグル翻訳をそのまま記載したと思われる文章が使われているのは非常に怪しいでしょう。中国の会社でも顧客対応の重要さが分かっていれば、日本人向けのサービスはしっかりしているものです。

ポイント5 明らかにコピーサイト
サイトの見た目が有名なサイトや大手ショッピングサイトに似ている作りをしている場合、そこもかなり怪しいと考えた方がいいでしょう。

以上の項目が怪しい場合は危険なサイトの場合が多いでしょう。さらに見逃してしまうものとして大手ショッピングサイト(ヤフーや楽天など)にも悪徳な業者が潜りこんでいる場合もありますので、油断しないように注意して下さい。

発送日時を把握出来るか?

海外からの通販サイトで気になるのは手元に届くのがいつになるか? ではないでしょうか。到着まで時間がかかると本当に届くか、税関で止まってしまったかなど不安になるものですよね。

そこで安心して海外通販が出来るポイントとして、発送日時や配送状況が確認できるかどうかです。通販サイトには利用ガイドがありますので、そういったサービスに対応しているか確認してみましょう。現地発送の完了、国内での配達状況が分かれば不安は大分解消されますし、安心です。

国内のAmazonや楽天で通販する際、商品が発送されたらだいたい1~2日で届く事が多いと思います。海外からの通販の場合10日~15日程かかる事が多いです。そんなスピーディーな対応になれてしまった方には、海外からの商品が届くのはより時間がかかるように思うかも知れません。

海外からの通販で到着まで時間がかかるのは、現地での陸送や税関を通るのに時間がかかる為です。国内へ入ってからも税関を通るのも時間がかかります。さらに税関の混み具合(年末や感謝祭が絡む時期)にも影響される事がありますので、前後3~4日ズレる場合が発生します。発送しているのが、インドでも香港でもイギリスでも同じぐらい時間がかかるのはその為です。海外の通販は時間がかかるものと考えておきましょう。

偽物の医薬品

以前よりネットでの通販が当たり前になり、その種類も多種多様であらゆるものが通販に対応しています。その中に海外の医薬品も含まれます。ネット通販は消費者にとってはとても便利になった分、不正や詐欺の温床にもなってきています。 ある調査でネットに出回っているかなりの数の海外医薬品は、偽物や粗悪品である割合が多いという結果が出ています。

 

その中には有効成分が含まれていないもの、含まれているが少ない又は多すぎるもの、不純物がふくまれているものが見られます。実際購入している方で多くの人が、その危険性がある事は知っているようです。知ってはいるものの、その危険性が自分には及ばない(自分の買った薬は大丈夫)と考える方が多いようです。

一見するとしっかりしたサイトから購入をしているし、問題なく薬が配送がされているので、疑いなく使用するかもしれません。その為あまり危機意識が働かなくなるのかもしれません。あと初めて使用する方は、薬がどんな色や形状で主成分の量についての経験も無いので、ほとんど気が付かない場合が多いようです。

管理者の個人的な意見としては、初めて使う薬については一度病院で処方してもらい、使用感や用法をしっかり確認するのもいいのではないでしょうか。それで自分に合う物なのか、これからも使っていいものか判断すればいいと思います。自分が実際そういった経験をしています。やっぱり最初に使う薬は気になるものです。

ネットで購入する薬は全部危険だ、という論調にも疑問を感じます。病院を経営してしている人が、ネットで安く薬が購入出来るとは言いませんよね。海外医薬品は処方が無いので、購入も使用も自己責任になります。便利でメリットな部分があれば、逆のデメリットもあるものです。

日本製と成分量が違う

国によって、薬の認可される条件が違う事が良くあります。主成分の内容量についても、海外では用量の多いものがあっても、日本で発売されると用量は少なくなる場合があります。これは体重の差というわけではありません。日本人と海外の人で薬を代謝する量が違うからと言われています。

薬の用法の記載に年齢によって飲む薬の量を変えているのを見た事がありませんか? 同じ年齢でも体重には10~20kgも差がある事もあります。でもだからと言って「自分の体重は100kgを超えているから、多く飲んだ方がいい」とはなりません。それでは用法通りではないので、間違った飲み方をしている事になります。これではしっかりとした効果を期待できません。

薬が効くのは胃や腸で薬の成分が吸収され、血液と共に全身を巡り必要な場所で効果を発揮するものです。その後時間が経つと薬が切れる(薬の血中濃度が下がる)ことになります。これは肝臓が薬の作用を代謝しているからです。肝臓は体外から入った有害物質を無毒化し体外に排出する機能があります。それにより薬の成分が体から抜けて行くのです。

海外で薬の成分が大きいのは、肝臓の薬を代謝する力が強いからです。なので日本人が海外の人と同じ用量の薬を飲むと、強く効き過ぎてしまう恐れがあります。「待てよ、間違って用量の多いものを買ったかも。失敗した!」という方。大丈夫です。その場合は「ピルカッター」でカットすれば解決します。

法令遵守をしているサイトを選ぶ

海外医薬品の通販で失敗しないために、注意したい点として注目してもらいたいのが、そのサイトが法令遵守しているかどうかです。薬を販売するにあたりやってはいけない行為があります。

・サイト内で海外の医薬品(国内では未承認)が目立つように表示されている。
国内で未承認の医薬品に関して広告規制があり、画像や文字などで表示するのは違法になります。そのサイト内で薬を確認したい場合には、正式名称での検索で表示されるのが正しいです。

・薬が配送されるまでの時間が短い
個人輸入で海外から配送されるのはOKですが、基本的に国内で未承認の医薬品を販売するのは違法です。大体海外からの発送で手元に届くのは少なくても10日前後かかります。それが2~3日で届くというのは、国内に未承認の薬の在庫を国内に保有している事になります。

以上のような法令を違反しているサイトが全て怪しいサイトで、詐欺行為や偽物を送り付けるとは言い切れませんが、違反している事は確かです。誰しもが安全で安心できる信頼感のあるサイトから購入を考えるものです。もちろんサイトのセキュリティの対策も重要です。その基本として法令遵守も必須の条件です。

ズバリ、おすすめの通販サイトは?

おすすめの通販サイト

これから先は私が実際、海外通販をしてみてのおすすめしたいサイトの感想になります。もし海外医薬品の購入を考えている場合は、ぜひ参考していただけたらと思います。私の主観たっぷりにおススメするサイトは「お薬なび」です。

おススメ出来る理由として

・安全 ・信頼 ・サービス

がしっかりしている点です。

私は「値段が安い」「届くのが早い」「口コミが凄く多い」のようなコンビニ感覚での基準で判断しません。薬は自分の体に取り込むものなので、安全かどうかを第一に考えます。このサイトはしっかりと成分鑑定書があり、粗悪な商品ではない事を証明しています。日本の薬販売における法令遵守もされている点も評価する部分です。多くの海外医薬品を扱うECサイトがありますが、きちんと法律を守っているサイトは数えるほどです。グレーゾーンで運営しているサイトはいつ営業がストップするかも分かりませんし、ポイントが溜まっていた場合も無効になってしまう可能性もあります。

長年運営している老舗大手の「オオサカ堂」や「アイドラッグストアー」は価格も安く利用者も多いようですが、堂々と未認可の海外医薬品の写真を未検索で載せるなど、薬機法を無視しています。さらにオオサカ堂は不正販売サイトと指摘され、サイトのドメインを変更しています。その時点で利用するサイトとしてベストとは言えません。

通販サイトについてのまとめ

海外医薬品を取り扱うサイトを選ぶ場合、安さやスピードだけで判断してはいけません。「安全「信頼」「サービス」がしっかりしているものを選ぶようにしましょう。長期間運営されているのも大事な部分です。商品に偽物や粗悪品を扱ったり、詐欺や悪徳な商売をしているなら摘発の対象になりますし、再度顧客に利用されることはありません。

薬を必要としているのは幅広い年齢層だと思います。現在はメールオーダーが主流の通販ですが、ネットやパソコン操作に馴染みのない方も中にはいるでしょう。電話やFAXの対応しているサイトは他と比べてもサービスは高いと言えるのではないでしょうか。

ここまで記事をご覧いただき誠にありがとうございました。海外医薬品サイトの注意点など説明してきましたが、どういった感想をもったでしょうか。海外医薬品も使ってみたいと思うのか、やっぱり国内で処方したものを使った方がいいと思うのか意見は人それぞれあると思います。私自信は海外医薬品と病院で処方される薬のメリット・デメリットを踏まえて、それぞれ使おうと考えています。

例えば保険適用外の医薬品は国内で処方されるものより、海外から購入した方が安い場合があります。早急の治療が必要な病気や症状の改善には、病院での処方薬を使用する事にしています。薬の購入の仕方は1つではない事を覚えて頂けたら幸いです。悩みを解決し、より良い生活を送るために有効に利用しましょう。